ネオ豆乳ローション 使い方

ネオ豆乳ローションに使い方とかあるのでしょうか?

 

ネオ豆乳ローションについての知恵袋や質問コーナーを見ているとこんなコメントがありました。まずネオ豆乳ローションを使用する場合に特に特殊な使い方はありませんね。間違いなく小難しい使用の仕方などはなく、ただ肌に塗ってつけるだけで完了…といった具合です。なので、特殊的なやり方はありません。

 

 

 

でもネオ豆乳ローションを使用したいと思っている人はおそらく、使用してより効果的な使い方は何かないか?と知りたい人が多いと思います。それに関してネオ豆乳ローションを実践体験している私のレビューの口コミや数ヶ月使用しての評価を下に書いてみました。

 

 

 

私が思ったネオ豆乳ローションの効果的な使い方はコレ

 

 

色々試してみて、一番ネオ豆乳ローションの効き目、抑毛効果が出たなぁ〜〜と感じたのは、「使う前の前準備をちょっと手間かけること」。これが重要だと感じました。

 

 

ホントにちょっとだけローションを塗る前に手間をかけてみてください。

 

 

肌なので、なんでも応用が効きますが、毛を剃る前からもできれば気をつけてください。

 

 

その方法は毛を剃る前にはしっかりと蒸しタオルやお湯で絞ったタオルで、剃る部分を保湿してやること。

 

 

その後にシェーバーや泡立てクリームやローションを使用して剃ってみてください。

 

 

そのほうが肌へのダメージはもちろん最小限で済みますし、しっかりと根元まで剃れるのでけっこう重要です。ネオ豆乳ローションは液体のため、しっかりと毛を剃ってあげてから塗ったほうが目では見えない小さい肌細胞へしっかりと液体が入り込んでくれるイメージです。これをやるかやらないかだけでも、かなり変わってきます。嘘ではありませんよ(笑)

 

 

私自身の結論ですが、ネオ豆乳ローションは特徴としてイソフラボンがメインです。イソフラボンがしっかりと肌へ浸透するには、根元の毛があるとその成分がしっかりと入ってくれません。イメージとして下記のように毛は生えています。

 

 

 

 

 

このようにしっかりと、目では見えない肌の奥に毛の根元があるため、しっかりと脱毛や除毛をすることによって、ネオ豆乳ローションの効果が浸透してくれます。

 

 

 

 

そして、逆を言うとしっかりと毛がそれていない状態でネオ豆乳ローションを使用すると、液体が中まで入り込めずに効果が薄まります。なので、ネオ豆乳ローションの効果がしっかりと現れる使い方をしたいのであればこのようなやり方はとても重要なのです。

 

そして、ネオ豆乳ローションを塗った後もできれば軽く蒸しタオルなんかで「ギュッ、ギュッと」抑えてやったほうが浸透が強く、事実私自身もやるかやらないかによって比べてみると、毛が生えてくるスピードに違いがありました

 

 

一見めんどくさいことや何気ない手間が大事だったりするものです。

 

 

なので、ネオ豆乳ローションに興味がある人はちょっと参考にして見てください。

 

 

 

>>ネオ豆乳ローションの口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ