ネオ豆乳ローション 評価

 

ネオ豆乳ローションを使用してみようという人でこのような疑問を持っている人いませんか?
アトピーなどの敏感肌、乾燥肌にもネオ豆乳ローションは大丈夫なのか?

 

という疑問です。
これに関しては、私が該当します。私はアトピー肌です。ただアトピーというと全身が湿疹でかゆみだらけというそこまでは酷いタイプではありません。ただアトピー性皮膚炎です。
特にアトピー肌の人はけっこう共通すると思いますが、子供の頃に症状が酷かったんじゃないかなと思います。実際大人になるにつれ今私はもう大人ですが、痒みや湿疹などは大分改善され子供の頃と比べると相当マシになりました。子供の頃はそれこそ小学生の5年生くらいまでは特に酷く掻き毟ってたのは覚えています。
アトピーの場合は酷くかゆみが出るときは血が出ることも相当多かった…。親になぜか「そんなに掻いてはダメ!」と叱られましたが痒くて仕方がなくそんなこと聞いてられなかった記憶があります(笑)

 

そんな私ですが、大人になってみると大分アトピーの症状は改善され痒くなることも相当減りました。免疫力などもついてきてそのように体質も改善されたんだと思います。ホントに痒みが酷いときは写真の図よりも全然酷い有様でしたからね。

 

しかし、そんな私でもネオ豆乳ローションを使用しても全く問題はありません。念のため脚のスネ毛や腕毛でも試しましたがそれは大丈夫です。まったく心配ありません。

 

大体がネオ豆乳ローション以外でも化粧品を見極めるポイントの一つで肌につけた瞬間で見極めができます。いわゆるその時点で合う合わないがわかります。私もけっこうそこそこ化粧品(脱毛ジェルや化粧水)は使用したことがありますし、成分なんかもそこそこは知識がありますが、ネオ豆乳ローションはその点も全く問題ありません。

 

刺激性の強い成分がありませんから。これについては詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。
>>ネオ豆乳ローションの評価を実践体験レビュー【写真付き】

 

上記はわかりやすくネオ豆乳ローションに関しては私なりに体験や解説をしてみました。実際このネオ豆乳ローション(正式名称:ネオパイナップル豆乳ローション)はホントにコスパが素晴らしいです。

 

実際、脚などの両足のスネ毛や両手の腕毛などのけっこう塗る面積が多い部分に合わせて作られているためかなりモチは良いです。容量的には120mlですが、液体タイプではあるのですが、伸びはよいのでかなり使えます。私は2日に一度くらいのペースで顔に使用しているのですが3ヶ月経っても4分の3も残っていますから(笑)

 

ネオ豆乳ローションはどんな人がおススメ?

 

・職場の人に春や夏の暑い時期に薄着仕事をしている際にムダ毛を見られたくない人
・夏で海に水着で泳ぐ際に毛が濃いと回りの男性や女性に思われたくない人
・バーベキューやキャンプなど肌を露出する機会が多い場面で恥ずかしい思いをしたくない人
・買い物や参観会など日常でふいに毛が見えてしまう危険性を事前に回避したい人
・女性として最低限の処理は済ましておきたい人
・男性では髭の伸びを弱めたい、濃くしたくない人
・肌が弱くて、脱毛機などを使用するのが恐いから化粧品で済ませたい人
・お金をなるべく数千円単位で脱毛、除毛をしていきたい人
・10代〜60代の男女。(全般的に毛にコンプレックスがある人)

 

上はあくまで例ですが、いろんな人に広く適合する脱毛ローションだと思います。実際コレはホントに自信を持っておススメはできます。成分や脱毛力は普通にかなり強いです。しかし、それでいて肌のダメージがないと思います。美肌成分もしっかり入っているので素晴らしいの一言です。

 

化粧品というのは、当たり外れが多いと言いますが、実際総合的な”当たり”って非常に少ないです。それは価格だったり効果だったり肌へのダメージだったり、容量だったりとバランスが取れていないと意味がないように思えます。
買った時に損した気持ちになりますからね。

 

気になる人は色々ネオ豆乳ローションについて試したことや調べたこともこのサイトに更新していきますのでまた見てください。


ホーム RSS購読 サイトマップ